No.260入居募集をする15:ひとり旅応援アパートの例

リビングの男性

このブログの目的は
実家を元手に金の卵を産ませることだ。

具体的にはアパートなどに建て替えて
家賃収入を得ることが王道となる。

今回は

6、入居募集をする
6-2、募集チラシを作成する
6-2-12、ひとり旅応援アパートのチラシの例

を紹介しよう。

次のような企画内容で
チラシのデザインを

ランサーズ
https://www.lancers.jp/

というフリーランスの
デザイナーなどが多数在籍する
サービスでコンペを行った。

◎物件コンセプト

毎日夜遅くまで残業で
休日は寝るだけ。

仕事ばかりの毎日で
このままで良いのか・・・

そんな悩みを持っているなら、
自由気ままな一人旅へ出掛けよう。

旅先での新たな発見と
偶然の出会いが

あなたの明日への
活力になります。

◎この企画の骨子は次の通りです。

1、誰の?

  • 30歳・独身・男性

2、何が?

  • 仕事ばかりで単調に過ぎてしまう日々に対する悩み

3、どのように?

  • 旅行計画をサポートする見放題の旅行雑誌
  • 旅行中の家事代行
  • 交通の便の良さで移動時間短縮
    車(高速IC入口)
    飛行機(空港リムジンバス)
    電車(新幹線停車駅)
    どの交通手段へのアクセスもバランスよく移動時間を短縮。旅への第一歩がしやすい。

4、どうなる?

  • 「新たな発見」と「偶然の出会い」に触れて
    悩みが払拭され明日への活力が湧いてきた!

5、要するに?

  • 一人旅応援サービス付きアパート

◎キャッチコピーづくりなど

想定している入居者さんは1番のような人。
5番を、メインキャッチコピーの一部にする。
2番と4番で、サブキャッチコピーを作成*
その根拠を3番の3点で説明。

最終的に8提案集まり
採用したチラシの実例は次の通り。

ひとり旅応援アパートのチラシの例

次回は

6-3、詳細なパンフレットを作成する

に進む。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。不動産実務検定認定講師。不動産実務検定についてはこちら。マスター講座はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る