No.204アパートの企画を立てる33:見積書を出してもらう

見積書

このブログの目的は
実家を元手に金の卵を産ませることだ。

具体的にはアパートなどに建て替えて
家賃収入を得ることが王道となる。

今回は

3、地盤調査をする
3-3、見積書を出してもらう

について解説しよう。

前回までに
地盤調査会社を紹介してもらい
発注時の注意点を確認した。

次のステップは
見積書を出してもらうことだ。

数日もあれば
見積書をもらえるだろう。

調査方法は次のどちらかだろうが

1、スウェーデン式サウンディング試験
2、表面波探査法

正直なところ
どちらでも構わない。

建築会社と調査会社との間で
相談した結果決まるだろう。

まあ、どちらかといえば
表面波探査法の方が

お値段も若干高めだが
信頼性が高い。

だが、目的は

表面波探査法で調査してもらうこと

ではなく

建築工事の見積もりを
正確に作成してもらうための
地盤データを手に入れることだ。

次回は

3-4、地盤調査を実施してもらう

を解説しよう。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。不動産実務検定認定講師。不動産実務検定についてはこちら。マスター講座はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る