No.097空き家レベル1:一時的な空き家(1)

不動産の勉強

このブログの目的は
実家を元手に金の卵を産ませることだ。

とはいっても、
いきなり実家をアパートに建替する
なんて難しいだろう。

ただ、知っておいてほしいのは、
空き家のままでは
支出の続く負債だってこと。

どうせなら早めに手を打って
お金を生み出す本当の資産にしたい。

今回は

<空き家レベル1:一時的な空き家>

の状態の次の一手を紹介しよう。

例えば親が入院や
老人ホームに入所していて
いずれ実家に戻るかも? のケースだ。

この時点で売却や建て替えの
準備をするのは早すぎる。

とはいえ、
ご両親の意見を尊重したい。

一般的に、思い入れのある家なので
売却や建て替えの相談をしても
あまり、いい顔はしないだろう。

が、それとなく話をして
了承が得られれば

売却や建て替えの準備を
進めてもいいだろう。

この段階の次の一手は、
ズバリ、不動産の勉強だ。

不動産の売却や建て替え、
アパート経営のことを勉強して欲しい。

「いまさら勉強?」

と思うかもしれない。

だが、少なくとも数千万円もの
お金が動くのだ。

そして、アパート経営ともなれば、
起業するのに等しいことなのだ。

じっくり勉強して欲しいと思う。

具体的な勉強方法は次回紹介しよう。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。不動産実務検定認定講師。不動産実務検定についてはこちら。マスター講座はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る