No.085空き家の支出その2・水道光熱費

実家の電気代のイメージ

このブログの目的は
実家を元手に金の卵を産ませることだ。

とはいっても、
いきなり実家をアパートに建て替える
なんて難しいだろう。

ただ、知っておいてほしいのは、
空き家になった(空き家になる)
実家は資産ではないってことだ。

支出をともなう不動産は「負債」だ。

まずはどのような支出があるのか
知っておいてほしい。

今回は、その2だ。

「水道光熱費」

について解説しよう。

戸建の実家が空き家になっても
電気と水道は止められない。

たまに来たときに
明かりは必要だし
トイレも使うからだ。

掃除するのにも
電気と水道は必要だ。

すると毎月、水道光熱費が
かかることになる。

確かに、わずかな金額ではある。

しかし毎月・毎月が積もり積もって
10年20年単位で考えてほしい。

次回は空き家の支出その3を
解説しよう。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。不動産実務検定認定講師。不動産実務検定についてはこちら。マスター講座はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る