No.051簡単なマスタープランの見方

都市計画イメージ

このブログの目的は
実家を元手に金の卵を産ませることだ。

つまり、実家をそのまま貸したり
何かに建て替えて貸したりすることだ。

または、売却したお金で
賃貸用の不動産を手に入れてもいいし
不動産とは別の投資だっていい。

こうした可能性があるかどうかは、

・売ったら儲かりそうか(資産力)
・貸したら儲かりそうか(収益力)

この2点で考えたい。

さて、前回は、

都市計画マスタープランの
簡単な探し方をレクチャーした。

市町村名+都市計画マスタープラン

で検索すれば見つかる。

今回は、そのマスタープランの
簡単な見方をレクチャーしよう。

都市計画マスタープランは

都市計画法という法律に基づいて
作成されているので

どこの市町村のマスタープランも
ほぼ、同じ構成になっている。

1、計画の前提

現状と課題を明確にした上での
将来の都市像について

2、まちづくりの理念

基本理念とまちづくりの
目標について

3、分野別の基本方針

商業地域・工業地域・住宅地域別の
基本方針について

4、地域別のまちづくり方針(重要)

地域ごとに
どのような街にするのか

正直にいうと、
どこの市町村のマスタープランも
読みづらい!!(苦笑)

最低でも、
地域別のまちづくり方針に目を通して、

興味があれば
他のページも見るといいだろう。

もし、都市計画の全体像に
興味があるなら
こちらのサイトがわかりやすい。

みんなで進めるまちづくりの話
http://www.mlit.go.jp/crd/city/plan/03_mati/index.htm

次回からは、
今ある実家などの家や土地で
すぐに稼げる36の方法を紹介しよう。

やはり実家だから

「すぐに売ることも難しい」
「すぐに貸すことも難しい」
「すぐに建て替えることも難しい」

だろう。

そこで、もっと気軽にカンタンで
大きな投資をすることもなく

ちょっとした副収入を
手に入れる方法から始めよう。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る