No.001実家の価値を知る2パターン

実家のイメージ

どうしたらメンドウな戸建の実家から
<金の卵=継続収入>が手に入るか?

残念だが、すべての実家から
継続収入を作れるとは言えない。

そこで、手をかけるべき実家なのか

煮ても焼いても
どうにもならない実家なのか

見極めることから始めよう。

実家=不動産の<価値>は2種類ある。

1、<資産>としての<価値>
2、<収益>としての<価値>

仮に、実家がメンドウだとしても、

<資産>としての<価値>や
<収益>としての<価値>があるなら

正面から取り組む価値はある。

なぜなら、今の時代、

収入はカンタンに増やせないのに
支出は増えていく一方だからだ。

特に子どもの<教育費>と
親の<介護費>だ。

これらの資金を捻出するためにも
ご両親の残してくれた

実家などの不動産の<価値>を
知ることから始めよう。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る