No.082家で稼ぐ方法・まとめ

空き家イメージ

このブログの目的は
実家を元手に金の卵を産ませることだ。

つまり、実家をそのまま貸したり
何かに建て替えて貸したりすることだ。

売却して投資用不動産に買換もありだ。

とはいっても、いきなり実家に、
手を出すことは難しいかもしれない。

そこで、まずは気軽にカンタンで
大きな投資をすることもなく

ちょっとした副収入を
手に入れる方法から始めよう。

今回は、

ちょっとした副収入を
手に入れる方法のまとめだ。

これまで様々な方法を紹介してきた。

私が本当に伝えたいことは
次の3つだ。

  1. 借りる人がいるかどうかはやってみないとわからない
  2. 思いもよらない使い方をしたい人が世の中にはいる
  3. 不動産会社の知らない使い方がある

一人1台スマホ時代となり
10年前では考えられないような

貸し方や借り方が
できるようになった。

こうした変化に不動産業界は
ついてこれていないのだ。

さて、

ちょっとした副収入を
手に入れる方法を
実践するには難易度がある。

残念ながら住宅密集地のような
住居系の用途地域では
実践するのが難しいだろう。

一方で人通りの多い駅近だったり
幹線道路沿いだったりで

商業系の用途地域なら
実践しやすい立地だろう。

ぜひ、試してほしい。

つまり、
あなたが住むつもりのない
戸建の実家は

  • 住居系の立地の実家なら売却
  • 商業系の立地の実家なら収益化

というのが基本方針となる。

もちろん理屈だけで
実家をどうこうできないのは
百も承知!! だ。

それでも5年後・10年後を考えると
さらなる高齢社会となり
人口減少も進み

売却したくても
価格を安くしたとしても
買い手が見つからなくなる。

すると

あなたの戸建の実家は
固定資産税やら何やらと

未来永劫

支出の続く負債となるだろう。

もし、
自分では判断つかないのであれば

ブログ読者特典として
初回無料相談ができるので

問い合わせ先に「無料相談希望」と
返信してほしい。

事務局から詳しい案内が届く。

次回からは、
空き家の維持費について
解説していこう。

私が(立地によっては)
売却をすすめる理由がわかるだろう。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。不動産実務検定認定講師。不動産実務検定についてはこちら。マスター講座はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る