No.075家で稼ぐ方法その21・事務所・店舗

戸建のカフェイメージ

このブログの目的は
実家を元手に金の卵を産ませることだ。

つまり、実家をそのまま貸したり
何かに建て替えて貸したりすることだ。

売却して投資用不動産に買換もありだ。

とはいっても、いきなり実家に、
手を出すことは難しいかもしれない。

そこで、まずは気軽にカンタンで
大きな投資をすることもなく

ちょっとした副収入を
手に入れる方法から始めよう。

今回は、その21だ。

「事務所・店舗」

として貸すことを検討してみよう。

戸建だからと言って
その利用は住居に限られない。

事務所・店舗として
貸し出すことは可能だ。

もしかしたら「当たり前」と
思うかもしれない。

なぜ、わざわざ、

戸建だからと言って
その利用は住居に限られない

と言うのか。

それは、不動産会社が嫌がるからだ。

不動産会社によっては
住居専門のようなところもあり

住宅を事務所・店舗利用で
貸そうとしても

事務所・店舗の契約書がなかったり
不慣れだったりして
嫌がられることがある。

そうしたときに正直に

「うちは不得意なので他社で」

と言えばいいのに

「トラブルの元なのでやめた方がいい」

などと言うことがある。

確かに法令上の問題や契約上
注意すべき事項はある。

だから不動産会社に
仲介をお願いするのに

不得意だからやめた方がいい

は、やはりおかしい。

トラブルを予測して
トラブルを防ぐような

契約のできる不動産会社に
仲介を依頼したいものだ。

今回は家を貸すにあたって

・借りる人がいるかどうかはやってみないとわからない
・思いもよらない使い方をしたい人が世の中にはいる
・不動産会社は苦手なことを正直に言わないことがある

ということを
知ってほしいと思う。

試しに、こうしたサイトに
情報を登録してみてもいいだろう。

ジモティー
レンタルオフィスの不動産
http://jmty.jp/tokyo/est-rent

次回は、ちょっとした副収入を
手に入れる方法 その22 を紹介する。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。不動産実務検定認定講師。不動産実務検定についてはこちら。マスター講座はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る