No.364不動産コンサルタントを使い倒す極意:その2)かわいがってもらえるキラーセンテンス

必勝法

このブログの目的は
実家を元手に金の卵を産ませることだ。

具体的にはアパートなどに建て替えて
家賃収入を得ることが王道となる。

前回は

不動産コンサルタントを
使い倒す極意

その1)コンサルタントの力学

について解説した。

単なる投資用不動産の
営業マンと

真の不動産コンサルタントを
区別するのに

お金の流れを見よう

という話だった。

タダより高いものはない

昔の人は良く言ったものだ。

今回は
不動産コンサルタントを
使い倒す極意

その2)かわいがってもらえるキラーセンテンス

について解説しよう。

かわいがってもらえる
キラーセンテンスとは何か?

それは

不動産コンサルタントに
えこひいきしてもらうための
カンタンな質問のこと。

不動産コンサルタントも人間だ。
えこひいきだってするのだ(笑)。

そのためのカンタンな質問は
次の通りだ。

「どうしたら○○先生のように
なれますか?」

以上だ!

間違いなく
不動産コンサルタントは

気分を良くして
アレコレ世話を
焼いてくれるだろう(笑)。

そして

メモを取りながら
ウンウンと
うなずいて聞こう。

あなたのことを
覚えてくれて

えこひいきして
くれるだろう。

あとは

えこひいきされた分を
どれだけ活用できるかの
勝負となる。

そして

結果を報告することを
忘れずにしてほしい。

うまくいっても
そうでなくても

結果を報告してもらうことは
コンサルタントにとって
嬉しいものだ。

次回は

不動産コンサルタントを
使い倒す極意その3

を紹介しよう。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。不動産実務検定認定講師。不動産実務検定についてはこちら。マスター講座はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る