No.343長期入居化の満室対策10:【4級】利便性向上(低予算2つ以上)を施す

放置自転車

このブログの目的は
実家を元手に金の卵を産ませることだ。

具体的にはアパートなどに建て替えて
家賃収入を得ることが王道となる。

前回は

Cool大家さんの
長期入居化の取り組みである

満室対策について
20ステップのうち

【5級】利便性向上(低予算1つ)を施す

を解説した。

利便性向上というと
難しく聞こえるかもしれない。

だが
小予算でもできることもある。

入居者にサービス精神のある
大家だとアピールしよう。

今回は

Cool大家さんの取り組み
20ステップのうち

【4級】利便性向上(低予算2つ以上)を施す

を、紹介しよう。

前回に引き続き
意図するところは
満足度の向上だ。

より便利な暮らしを提供したい!

そんな意思を
入居者に伝えたい。

1つ実践したら続いて

2つ目

3つ目

と取り組んでみよう。

短期間で3つ取り組むことで
入居者の記憶に残る。

これで

入居者にサービス精神のある
大家だという
アピールは成功する。

では改めて
小予算で出来る利便性向上の
取り組みを再掲しよう。

 

1、廊下の虫よけ対策を施す

紫外線吸収膜付蛍光灯や
紫外線を出さないLED蛍光灯で
虫が寄り付きにくくなる。

これは地味に入居者さんに好評だ。

参考:東芝 紫外線吸収膜付蛍光灯

紫外線吸収膜付蛍光灯

なお、今ならLED化してしまうのに
ちょうどいいタイミングだ。

なぜなら、いずれ完全にLED化
されるときが来るので

その時に変えようとすると
電気業界は特需状態となり
業者は忙しいため
工事費が割高になりやすい。

今なら相見積もりを取ったり
業者を比較検討したりと
じっくり検討できる。

ちなみに
アパートやマンションの共用部に
特化した業者がいるので紹介しよう。

なお

工事代金はリースとすることで
初期費用はゼロ円にできて
毎月の電気代を下げることが可能だ。

参考:株式会社バズエリア

LED照明

LED照明

 

最後に注意事項。

機器は国内メーカー製にしよう。

海外製品の中には安い製品があるが
故障率が高いものが多い。

せっかくLEDが10年は使えるので
それだけ交換費用もかからないで済むのに
半年〜1年程度で故障されてはたまったものではない!

2、周辺マップを作成する

地元ならではのお店を
紹介しよう。

紙のマップでもいいが
更新することを考えると

Googleマイマップを作成して
入居者とシェアしてもいい。

参考:Googleマイマップ

グーグルマイマップ

Googleマイマップ

3、駐輪場・バイク置場の整理

放置自転車をそのままにして
大事な入居者に迷惑を
かけてはいけない。

外注先で対応できるので
相談してみよう。

参考:一般社団法人放置自転車対策撤去協会

放置自転車撤去

放置自転車撤去

4、ドリンクの自動販売機の設置

屋外の照明代わりにもなり
一石二鳥。

参考:自動販売機・自販機の八洋

自動販売機

5、ドリンク以外の自販機を設置する

休憩室のあるような
大型物件なら検討したい。

参考:自販機コンビニ

自販機コンビニ

自販機コンビニ

6、カーシェアリング

駐車場が空いているなら
検討してもいいだろう。

参考:カレコ・カーシェアリングクラブ

カーシェアリング

カーシェアリング

7、サイクルシェアリング

無料自転車付き物件として
アピールするのもいいだろう。

参考:自転車シェアサービス COGOO[コグー]

サイクルシェアリング

サイクルシェアリング

 

8、洗車用の水栓やホースを用意する

散水栓を必要に応じて
使えるようにしてあげよう。

ただし不必要な使い方や
イタズラ防止に配慮したい。

参考:盗水防止金具

盗水防止金具

盗水防止金具

 

さあ
どれか1つでいいので
実施してみよう。

なお
入居者には事前に
お知らせをしよう。

そして
実施後も入居者に
お知らせしよう。

そうでないと
例えば1番の

蛍光灯を交換したことに
気づいてもらえない
かもしれない。

恩着せがましく
いうことはないが
事実は伝えよう。

次回は

Cool大家さんの
長期入居化の取り組みである

満室対策について
20ステップのうち

【3級】更新の3ヶ月前に特典(低予算)を提示

を解説していこう。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。不動産実務検定認定講師。不動産実務検定についてはこちら。マスター講座はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る