No.341長期入居化の満室対策8:【6級】防犯対策(低予算2つ以上)を施す

防犯イメージ

このブログの目的は
実家を元手に金の卵を産ませることだ。

具体的にはアパートなどに建て替えて
家賃収入を得ることが王道となる。

前回は

Cool大家さんの
長期入居化の取り組みである

満室対策について
20ステップのうち

【7級】防犯対策(低予算1つ)を施す

を解説した。

意図するところは
満足度の向上だ。

防犯対策といっても
オートロックや
防犯カメラではなく

もっと
安価にできるものがある。

まずは1つ実践してみよう。

今回は

Cool大家さんの取り組み
20ステップのうち

【6級】防犯対策(低予算2つ以上)を施す

を、紹介しよう。

前回、まずは1つ実践した。

今回は、続いて
さらに、もう2つ実践してみよう。

初めから多く取り組みを
実践するには

抵抗があったり
ストレスも大きかったりする。

だが

1つ実践することで
意外とカンタンだな

と感じることだろう。

その勢いで
もう2つ実践して欲しい。

防犯対策は
以下のようなものだ(再掲)。

ドアこじ開け防止用品を付ける

参考商品

ビックガードプレート

2、のぞき見防止金具を付ける

参考商品

のぞき見防止金具

3、サムターン回し防止カバーを付ける

参考商品

サムターンカバー

4、玄関ドアに補助錠を取り付ける
参考商品

ガードロック外開き


5、死角にセンサーライトを設置する

参考商品

センサーライト 屋外

6、セキュリティステッカーを貼る

参考商品

ステッカー防犯装置

7、自販機の設置(明るくなる)

参考

自動販売機

繰り返すが

入居者の協力が必要なものは
当然だが入居者の許可が必要だ。

そこで

こういう防犯強化をしたいので
希望する方は連絡ください

と手紙をポストに入れよう。

ちなみに
入居者から費用はもらわない。

それから
無償で防犯強化すると
入居者に言っても

反応する方は1割程度だ。

理由は

  • 面倒くさい
  • 室内を見られたくない

などだ。

それでも
大家として入居者のことを
考えているのだ

という気持ちは伝わる。

まずは取り組みやすそうなものを
もう2つ実施してほしい。

次回は

Cool大家さんの
長期入居化の取り組みである

満室対策について
20ステップのうち

【5級】利便性向上(低予算1つ)を施す

を解説していこう。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。不動産実務検定認定講師。不動産実務検定についてはこちら。マスター講座はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る