No.358新規空室の入居募集2:一気に取り組みたい空室対策10ステップ

スリッパ

このブログの目的は
実家を元手に金の卵を産ませることだ。

具体的にはアパートなどに建て替えて
家賃収入を得ることが王道となる。

前回は
退去者が出たときに
取り組んでほしい

空室対策の20ステップを
紹介した。

築浅のうちは
空室対策をしなくても

次の入居者がすんなり
見つかることもあるだろう。

だが
空室問題は年々
深刻になる一方だ。

築浅だから大丈夫だろう
と楽観視せずに

空室対策に取り組んで
みてほしい。

さて今回は

空室対策を行うにあたり
一気に取り組むべき
事項をまとめよう。

具体的には

以下の【10級】から【1級】まで
一気に取り組める。

【10級】スリッパを置く

【9級】集合郵便受けを磨く

【8級】メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する

【7級】悪臭がこもらない工夫をする

【6級】天井の照明器具・レースのカーテン・間接照明を設置する

【5級】エントランスまたは玄関周辺に花を飾る

【4級】POPを5種類以上作成して貼る

【3級】保証書を設置する

【2級】飴を置く

【1級】入居のしおりを作成して設置する

当日の持ち物

  • スリッパ
  • メジャー・拡大間取図・ボールペン
  • ストレッチフィルムまたがサランラップ
  • 照明器具・レースのカーテン・間接照明
  • 造花
  • POP(ラミネート加工済み)
  • 保証書(ラミネート加工済み)
  • 飴と飴を入れるカゴなどの入れ物
  • 入居のしおり

入手場所

ニトリ

  • スリッパ
  • 照明器具・レースのカーテン・間接照明
  • 造花

ホームセンター

  • ストレッチフィルムまたがサランラップ
  • POPを貼る両面テープ
  • ピカールなどの金属磨き剤
  • 雑巾

100円ショップ

  • メジャー
  • ボールペン
  • 飴と飴を入れるカゴなどの入れ物

自分で作成するもの

  • 拡大間取図
  • POP
  • 入居のしおり

事前に買い物をしたり
自作して用意したり
しておけば

現地作業は1日で
1級まで取り組める。

ここで準備したものは
次の空室も

その次の空室にも
ずっと使えるので
ぜひチャレンジしてほしい。

次回は
初段以降を解説していく。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。不動産実務検定認定講師。不動産実務検定についてはこちら。マスター講座はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る