No.320新築向け空室対策9:【4級】募集条件を見直してマイソク・ポータルサイトを修正する

怒っているイメージ

このブログの目的は
実家を元手に金の卵を産ませることだ。

具体的にはアパートなどに建て替えて
家賃収入を得ることが王道となる。

前回は

7、入居管理をする
7-6、その他
7-6-6、空室対策

短期間で多くの部屋を
満室にするテクニック

の20ステップのうち

【5級】
1ヶ月以内に満室になる募集条件を5社以上からヒアリングする

を解説した。

短期間で多くの部屋を
満室にするにあたり

もはや

ネットで類似物件の
募集条件を参考に
している場合ではない。

現場の意見…
それも5社以上からの
意見を総合して

新たに募集条件を
見直したいものだ。

そして
今回は、前回の
ヒアリングを踏まえて

【4級】募集条件を見直してマイソク・ポータルサイトを修正する

ことを進めたい。

解説することは
ほとんどない。

文字通り
募集条件を見直して
マイソク(募集チラシ)や

ポータルサイトの
掲載情報を修正するのだ。

ちなみに
不動産会社もヒトが
運営しているので

反映するのに
時間が掛かりすぎたり
入力ミスだったり…

というのはあり得る。

こちらとしては
迅速に
そして正確に

対応してほしいが
そうもいかないこともある。

何が言いたいのかというと
彼らを怒っても仕方ない。

冷静に

「チラシに反映するのは
いつ頃が目安か?」

「ポータルサイトの
ココが間違っていますよ」

と、お尻を叩いたり
ミスを諭したりすることだ。

繰り返す。

怒っても仕方ない!!

次回は

超簡単!!

でも

実は奥が深い!?

【3級】
スリッパを置く

ことを解説する。

この記事の著者

大友哲哉東京大家塾主宰

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表・一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事。不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることに定評がある。不動産実務検定認定講師。不動産実務検定についてはこちら。マスター講座はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る