賃貸併用住宅にする

賃貸併用住宅イメージ

賃貸併用住宅イメージ

ご実家を賃貸併用住宅にすることを
ご検討なのですね。

確かに
ご実家を専用住宅として
建て替えるより

借入金の返済が楽になったり
相続税対策になったり
しますものね!

とはいえ
集合住宅ならではの
注意点もありますので

業者の意見だけを
鵜呑みにすることなく

賃貸併用住宅イメージ

賃貸併用住宅イメージ

同じように賃貸併用住宅を
建てた仲間を探して意見を聞いたり
相談できるコンサルタントを見つけたり

最終的には
自分で判断できる知識を身につけて
後悔しない家づくりをしたいですね。

さて
こうしたプランなどを
検討するにあたり

まずは何から
始めたら良いのでしょうか?

建築プランイメージ

建築プランイメージ

それは
建築プランを入れて
みることです。

次に
総事業費を試算して

そして
家賃収入を試算したり
賃貸需要や供給を調べたり

最後に
資金調達できそうか
銀行に相談することです。

順に説明しますね。

1.建築プランを入れる

建築プランイメージ

建築プランを入れる

まずは
どのような建物ができるのか
建築プランを描くことです。

具体的には次の専門家(業者)に
依頼することになります。

  • 建築士
  • ハウスメーカー
  • 建設会社
  • 工務店など

費用については
いずれも初期段階では
無料であることがほとんど。

ただし
十分な調査をしていないので

地盤調査や役所調査や
近隣からの要望などで

計画が変更となる可能性が
あることは知っておきましょう。

現段階では確実性より
ざっくりでいいので
どのような建物になりそうか

いろいろなパターンを
作ってもらうといいですね。

なお
施工会社を決めるときは

同一の間取りや条件で
相見積もりすることになります。

これは、まだ先の話ですね。

2.総事業費を把握する

総事業費を把握する

総事業費を把握する

総事業費とは
建物本体の価格のほかに

外構工事だったり
諸費用だったりを
含めた総額のことです。

この金額も
正確性よりもざっくりでいいので

どのような項目で
だいたいいくらくらい必要なのか
分かれば十分です。

建築プランを提案してくれた
専門家や業者から
提示してもらえることでしょう。

3.家賃収入を試算したり賃貸需要や供給を調べたりする

賃貸併用住宅のイメージ

賃貸併用住宅のイメージ

賃貸併用住宅には
対立し合う問題があります。

それは

  • 自宅を住みやすくすると、賃貸住宅の質が落ちる(家賃収入が下がったり入居率が下がる)。
  • 賃貸住宅の質を上げる(家賃収入を増やしたり入居率を上げる工夫を凝らす)と、自宅が住みづらくなる。

ことです。

わかりやすい例でいうと
最上階にするのか
自宅を1階にするのか、です。

せっかくの自宅ですから
最上階に住みたいものです。

ですが
1階の賃貸住宅は家賃は安くて
入居募集にも苦労します。

そうであれば
1階を自宅にすることで

最上階を高い家賃で貸したり
長く住んでもらう方が
得と考えることもできます。

このあたりは絶対的な正解はなく
家族の納得のいくプランになるよう
何度も何度も議論することです。

そして
そもそも論として

賃貸住宅の需要があるのか?

という問題にも
目を向けないといけません。

ハウスメーカーなどは
30年間一括借上保証などで
安心感を演出しますが

当初の家賃で30年間も
借り上げてくれるものではなく

家賃相場の変動に応じて
保証家賃を下げてきます。

例えば
少し難しい話になりますが

この場合、借主となる業者は
借地借家法上は弱い立場であり
保護を受ける者となります。

具体的には契約書に
家賃を減額しない特約があっても
借主には不利な特約なため
無効になるのです。

つまり借主となる業者は
いつでも家賃を減額できて
法律上もその権利があるのです。

また
賃貸需要があることは
立派な資料を用意するのですが

どれだけ賃貸物件の供給(新築)があるのか
その資料を用意されることは
ありません。

仮に賃貸需要が旺盛でも
それ以上に供給されていたら
熾烈な競争に晒されます。

つまり
安易に賃貸併用としても

想定したような家賃が入らない
可能性もあるのです。

より綿密な企画が求められます。

4.銀行に相談する

銀行相談

銀行に相談する

最後に
建築プランと総事業費の見積書を持って
銀行に相談します。

とはいえ
この段階では間取りなどを
最終決定する必要はありません。

ただ
少なくとも建物の
木造か鉄骨造なのかの構造と

建物の面積だけは
変更しないこととするといい。

銀行は何を見るのかと言うと
建物の資産価値で

その資産価値とは
構造と面積で試算しているのです。

そのため
構造や面積が変わると

ご希望の金額で融資できると思います!

との言葉が
ひっくり返ることがありますので
注意が必要です。

具体的には建築プランの
構造や面積が大幅に変わるなら

改めて銀行に相談が必要って
ことですね。

最初のステップは建築プランをいろいろ提案してもらうこと

比較検討イメージ

比較検討イメージ

以上の流れやポイントや
注意点を知った上で

いろいろなプランを
提案してもらうにあたり

一括見積もりサイトが便利です。

ただし
忙しいときに電話が来ても
困ってしまうので

ご質問・ご要望等の欄に
電話ではなくメールでのやりとりを希望します。
と記入しておくといいでしょう。

要望

以上の注意点を理解して、一括提案依頼サイトをご利用くださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
タウンライフ土地活用

 

追伸

記入方法について解説しますね。

 

一括請求スタート画面

賃貸併用住宅一括請求

経営予定地を入力し、活用方法の「賃貸併用住宅」にチェックを入れて、赤い一括請求ボタンを押します。

 

土地活用プランについて

土地活用プランについて

土地活用プランについては、必須項目のみで大丈夫です。

 

お客様情報について

お客様情報について

お客様情報については正確に入力します。

 

会社選びについて

会社選びについて

初期段階の会社選びは3社から5社程度を目安にします。あまり多いと混乱してしまいます。

 

以上の入力例をもとに一括提案依頼サイトをご利用くださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
タウンライフ土地活用

ページ上部へ戻る