戸建賃貸にする

戸建賃貸イメージ

戸建賃貸イメージ

ご実家を戸建賃貸にすることを
ご検討なのですね。

確かに
無理して高額な借金をして

アパートや賃貸マンションに
するよりも
堅実なケースが多いものです。

ただ
1戸だけでは
収益性が低いので

2世帯住宅のような建物で
2世帯に貸したり

二世帯住宅イメージ

二世帯住宅イメージ

敷地の広さなどによっては
横に3世帯つながった建物で
3世帯に貸す方式などにすると

十分な収益を
得られやすくなります。

さて
こうしたプランなどを
検討するにあたり

まずは何から
始めたら良いのでしょうか?

建築プランイメージ

建築プランイメージ

それは
建築プランを入れて
みることです。

次に
総事業費を試算して

最後に
資金調達できそうか
銀行に相談することです。

順に説明しますね。

1.建築プランを入れる

建築プランイメージ

建築プランを入れる

まずは
どのような建物ができるのか
建築プランを描くことです。

具体的には次の専門家(業者)に
依頼することになります。

  • 建築士
  • ハウスメーカー
  • 建設会社
  • 工務店など

費用については
いずれも初期段階では
無料であることがほとんど。

ただし
十分な調査をしていないので

地盤調査や役所調査や
近隣からの要望などで

計画が変更となる可能性が
あることは知っておきましょう。

現段階では確実性より
ざっくりでいいので
どのような建物になりそうか

いろいろなパターンを
作ってもらうといいですね。

なお
施工会社を決めるときは

同一の間取りや条件で
相見積もりすることになります。

これは、まだ先の話ですね。

2.総事業費を把握する

総事業費を把握する

総事業費を把握する

総事業費とは
建物本体の価格のほかに

外構工事だったり
諸費用だったりを
含めた総額のことです。

この金額も
正確性よりもざっくりでいいので

どのような項目で
だいたいいくらくらい必要なのか
分かれば十分です。

建築プランを提案してくれた
専門家や業者から
提示してもらえることでしょう。

3.銀行に相談する

銀行相談

銀行に相談する

最後に
建築プランと総事業費の見積書を持って
銀行に相談します。

とはいえ
この段階では間取りなどを
最終決定する必要はありません。

ただ
少なくとも建物の
木造か鉄骨造なのかの構造と

建物の面積だけは
変更しないこととするといい。

銀行は何を見るのかと言うと
建物の資産価値で

その資産価値とは
構造と面積で試算しているのです。

そのため
構造や面積が変わると

ご希望の金額で融資できると思います!

との言葉が
ひっくり返ることがありますので
注意が必要です。

具体的には建築プランの
構造や面積が大幅に変わるなら

改めて銀行に相談が必要って
ことですね。

最初のステップは建築プランをいろいろ提案してもらうこと

比較検討イメージ

比較検討イメージ

以上の流れやポイントや
注意点を知った上で

いろいろなプランを
提案してもらうにあたり

一括見積もりサイトが便利です。

ただし
忙しいときに電話が来ても
困ってしまうので

依頼先企業に伝えたいことの欄に
電話ではなくメールでのやりとりを希望します
と記入しておくといいでしょう。

要望

以上の注意点を理解して、一括提案依頼サイトをご利用くださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
タウンライフ土地活用

 

追伸

記入方法について解説しますね。

 

一括請求スタート画面

一括請求ボタン

経営予定地を入力し、活用方法の「戸建賃貸」にチェックを入れて、赤い一括請求ボタンを押します。

 

土地活用プランについて

戸建賃貸による土地活用について

戸建賃貸による土地活用について

土地活用プランについては、必須項目のみで大丈夫です。

 

お客様情報について

お客様情報について

お客様情報については正確に入力します。

 

会社選びについて

会社選びについて

初期段階の会社選びは3社から5社程度を目安にします。あまり多いと混乱してしまいます。

 

以上の入力例をもとに一括提案依頼サイトをご利用くださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
タウンライフ土地活用

ページ上部へ戻る