売却する

売却イメージ

売却イメージ

ご実家の売却を検討されているのですね。

ご実家の売却を検討するにあたり
最初の第一歩は

おおよその売却価格を
知ることから始まります。

その結果、売却するかどうかを
判断することになります。

おおよその売却価格を知るには
主に次の5つの方法があります。

それぞれに
メリット・デメリットがあります。

あなたの売却したい度合い…

  • ただ単に価格を知りたいだけか
  • 高く売れるなら売却したいのか
  • 早めに売却してしまいたいのか

に合わせて活用してくださいね。
順に詳しく説明します。

  1. 不動産ポータルサイトで類似物件から類推する
  2. 固定資産税評価額から逆算する
  3. マンションなら東京カンテイのマンション価格情報サービスで売買事例を調べる
  4. 不動産会社に査定を依頼する
  5. 一括査定サイトに登録する

1.不動産ポータルサイトで類似物件から類推する

SUUMOウェブサイト

SUUMOウェブサイト

簡単度:★★★★★(5/5)
正確性:★★☆☆☆(2/5)

まずはカンタンに
ざっくりでいいのなら

不動産ポータルサイトで似たような
物件を探してみることです。

代表的な不動産ポータルサイトは
以下の3サイトがあります。

ですが上記のサイトに
掲載されている物件価格は
あくまでも「売却希望価格」。

実際の取引価格ではありません。

ケースバイケースですが
やはり指値(値引交渉)が入り

売却希望価格より多少下げて
成約価格となるのが一般的です。

もちろん例外的にですが
売却希望価格より
高く取引されることもあります。

そこで活用したいのが国土交通省の
土地総合情報システム

簡単度:★★★☆☆(3/5)
正確性:★★★☆☆(3/5)

不動産取引価格情報検索する…
ちょっと操作が難しいかも…ことで

実際の取引価格(成約価格)を
調べることができます。

このデータは
不動産を取得した方たちが
任意でアンケートに回答したもの。

すべての不動産取引が
網羅されているものでは
ありませんが参考になります。

2.固定資産税評価額から逆算する

固定資産税納税通知書イメージ

固定資産税納税通知書イメージ

簡単度:★★★★☆(4/5)
正確性:★★★★☆(3/5)

先のポータルサイトは
あくまでも近隣事例で
類推でしかありません。

そこで
もし資料が手元にあるのなら

固定遺産税評価額から
逆算してみましょう。

毎年5月前後…
行政によって前後する…に

固定資産税と都市計画税の
納税通知書が届きます。

この書類に土地と建物に別れて
評価額が書かれています。

どの金額かわかりにくいのですが
もっとも大きな金額を探します。

そして
この金額を 0.7 で割ります。

例えば
固定資産税評価額が3000万円なら

3000万円÷0.7

で、約4,285万円となります。

なぜ 0.7 で割るのかというと

固定資産税評価額は
時価の7割評価を
目安としているからです。

土地と建物と両方で計算して
合計します。

これで
おおよその売却価格がわかります。

ただし

  • 特殊な地域(有名ブランドエリア)
  • 特殊な物件(タワーマンションなど)

は、実際の取引価格が
評価額よりも高額になる
ケースがあります。

3.マンションなら東京カンテイのマンション価格情報サービスで売買事例を調べる

東京カンテイ情報イメージ

東京カンテイマンション価格イメージ

簡単度:★★★★★(5/5)
正確性:★★★★☆(2/5)

マンションの価格を調べるなら
ずっとカンタンです。

東京カンテイの
マンション価格情報サービス

同じマンションの売出価格の
事例が手に入ります。

3千円ほどの費用となりますが
極めてカンタンであり

不動産業者からの営業もなく
難解な固定資産税納税通知書を
読み解くこともありません。

この情報は
不動産業者はもちろん
銀行も使うような情報です。

マンションの価格を調べたいのなら
真っ先に使いたいサービスです。

4.不動産会社に査定を依頼する

不動産営業マンイメージ

不動産営業マンイメージ

簡単度:★★☆☆☆(2/5)
正確性:★★★★★(5/5)

具体的に売却を検討しているなら
不動産会社に査定を依頼して
しまいましょう。

依頼先は、大手業者・地場中堅業者
そしてネット業者の
3社といったところ。

大手業者は、ブランド力もあって
安心しがちですが

大手同士の競争も激しいため
高めの査定金額を提示してきたり
熱心な営業をされたりすることも。

ですので、大手だけでなく、
地場中堅業者やネット業社といった

スタンスの異なる業者にも
査定を依頼します。

地場中堅業者とは
その地域で数店舗から十数店舗を
展開している業者のこと。

大手業者ほどスマートではなくとも
地元密着で長年営業しているので
こちらも安心感があります。

ですが
こちらも大手との競争もあり
高めの査定金額を提示してきたり

熱心な営業をされたりすることは
覚悟しておきましょう。

最後に、ネット業者です。

1階の路面店ではなく
ビルの1室に事務所を構えて

主にネットを使って
営業している業者です。

おそらく名前も聞いたことない
会社だと思いますが

その分
充実したホームページを持ち

社長やスタッフの人柄や写真なども
見られることでしょう。

逆にいうと、それくらいの情報を
ホームページに載せていない会社は
査定依頼をする候補から外しましょう。

いずれにしても
ただ単に価格を知りたいだけなら

業者に査定を依頼することは
やめておいたほうがいいでしょう。

いろいろな手段で売却する方向で
営業(説得)されがちになります。

彼らは営業のプロであり
心理戦に長けていますので
注意しましょう。

逆に、本気で売るのなら
こちらも積極的に話を聞きます。

単なる価格だけでなく
売り時はいつだとか
どのように営業するのかだとか

売却してお金を受け取るまでの
スケジュールだったり
用意するものだったり

税金のことなどを
教えてもらいましょう。

5.一括査定サイトに登録する

不動産売却一括査定サイト

不動産売却一括査定サイト

簡単度:★★★★★(5/5)
正確性:★★★★★(5/5)

最後は一括査定サイトの活用です。

不動産会社を探したり
個別に訪問したりするのは
なかなかの手間となります。

それであれば
一括査定サイトを使うのが便利。

注意点は、やはり競争が激しいので
価格を高めに出してきやすいことと
営業のメールや電話が来ること。

電話については
依頼先企業に伝えたいことの欄

多忙のため電話はご遠慮ください。メールでのやり取りを希望します。

と書いておけばOKです!

依頼先企業に伝えたいこと

それでも電話してきた業者とは

それ以上、関わらないほうが
身のためですね。

電話は着信拒否設定を
してもいいでしょう。

以上の注意点を理解して
一括査定サイトを利用しましょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
タウンライフ不動産(売却)サイトへ

ページ上部へ戻る