そのまま賃貸する

売却イメージ

賃貸イメージ

実家の賃貸をご検討なのですね。

実家の賃貸を検討するにあたり
最初の第一歩は

おおよその家賃を
知ることから始まります。

その結果、賃貸するかどうかを
判断することになります。

おおよその家賃を知るには
主に次の5つの方法があります。

それぞれに
メリット・デメリットがあります。

あなたの賃貸したい度合い…

  • ただ単に相場家賃を知りたいだけか
  • 高く貸せるなら賃貸したいのか
  • 早めに賃貸してしまいたいのか

に合わせて活用してくださいね。
順に詳しく説明します。

  1. 不動産ポータルサイトで類似物件から類推する
  2. 不動産ポータルサイトの相場情報から類推する
  3. SUUMOの賃料・設備相場チェッカーを使う
  4. マンションなら東京カンテイのマンション価格情報サービスで売買事例を調べる
  5. 不動産会社に査定を依頼する
  6. 不動産コンサルタントに相談する

1.不動産ポータルサイトで類似物件から類推する

SUUMOウェブサイト

SUUMOウェブサイト

簡単度:★★★★★(5/5)
正確性:★★☆☆☆(2/5)

まずはカンタンに
ざっくりでいいのなら

不動産ポータルサイトで似たような
物件を探してみることです。

代表的な不動産ポータルサイトは
以下の3サイトがあります。

ですが上記のサイトに
掲載されている家賃は
あくまでも「希望家賃」。

実際の取引価格ではありません。

ケースバイケースですが
やはり指値(値引交渉)が入り

希望家賃より多少下げて
成約賃料となるのが一般的です。

もちろん例外的にですが
希望家賃より
高く取引されることもあります。

2.不動産ポータルサイトの相場情報から類推する

HOME'S家賃相場情報

HOME’S家賃相場情報

簡単度:★★★★★(5/5)
正確性:★★★☆☆(3/5)

先のポータルサイトは
個別の近隣事例でした。

そこで次に
もう少し全体的な相場を
参考にしてもいいでしょう。

探し方はカンタンです。

Googleなど検索サイトで

「相場家賃 〇〇駅」

と検索します。

すると各種ポータルサイトの
家賃相場ページが
表示されます。

これで駅別・間取別の
相場家賃がわかります。

3.SUUMOの賃料・設備相場チェッカーを使う

賃料・設備相場チェッカー

賃料・設備相場チェッカー

簡単度:★★★☆☆(3/5)
正確性:★★★★☆(2/5)

1番の類似事例だったり
2番の統計情報だったり
いずれも参考になるのですが

もう少し個別要因を考えて
相場家賃を調べる方法があります。

賃料・設備相場チェッカーでしたら
駅距離や築年数や間取りはもちろん

設備の有無などから
類似物件を絞り込み
相場家賃を算出してくれます。

設定項目が多いので
少し操作がメンドウに
感じるかもしれませんが

1番の方法や2番の方法より
具体的な家賃相場を
試算することができるでしょう。

賃料・相場チェッカーはこちら。
https://www.suumo-onr.jp

4.マンションなら東京カンテイの分譲マンション賃料履歴サービスで賃貸事例を調べる

分譲マンション賃料履歴データサンプル

分譲マンション賃料履歴データサンプル

簡単度:★★★★☆(4/5)
正確性:★★★★★(5/5)

分譲マンションの家賃を調べるなら
とってもカンタンです。

東京カンテイの
マンション価格情報サービス

同じマンションの家賃の
事例が手に入ります。

2千円ほどの費用となりますが
極めてカンタンであり

不動産業者の営業マンから
電話攻勢にあうこともありません。

この情報は
不動産業者はもちろん
銀行も使うような情報です。

分譲マンションの家賃を調べたいのなら
真っ先に使いたいサービスです。

分譲マンション価格情報サービスはこちら。
http://www.nifty.com/kantei/

5.不動産会社に査定を依頼する

不動産営業マンイメージ

不動産営業マンイメージ

簡単度:★★☆☆☆(2/5)
正確性:★★★★★(5/5)

具体的に賃貸を検討しているなら
不動産会社に家賃査定を依頼して
しまいましょう。

依頼先は、大手業者・地場中堅業者
そしてネット業者の
3社といったところ。

大手業者は、ブランド力もあって
安心しがちですが

大手同士の競争も激しいため
高めの査定金額を提示してきたり
熱心な営業をされたりすることも。

ですので、大手だけでなく、
地場中堅業者やネット業社といった

スタンスの異なる業者にも
査定を依頼します。

地場中堅業者とは
その地域で数店舗から十数店舗を
展開している業者のこと。

大手業者ほどスマートではなくとも
地元密着で長年営業しているので
こちらも安心感があります。

ですが
こちらも大手との競争もあり
高めの査定金額を提示してきたり

熱心な営業をされたりすることは
覚悟しておきましょう。

最後に、ネット業者です。

1階の路面店ではなく
ビルの1室に事務所を構えて

主にネットを使って
営業している業者です。

おそらく名前も聞いたことない
会社だと思いますが

その分
充実したホームページを持ち

社長やスタッフの人柄や写真なども
見られることでしょう。

逆にいうと、それくらいの情報を
ホームページに載せていない会社は
査定依頼をする候補から外しましょう。

いずれにしても
ただ単に家賃相場を知りたいだけなら

業者に査定を依頼することは
やめておいたほうがいいでしょう。

逆に、本気で貸したいと思うのなら
こちらも積極的に話を聞きます。

単なる家賃相場だけでなく
貸し時はいつだとか
どのように営業するのかだとか

賃貸と売却のどちらがいいのか
考え方を教えてくれたり

賃貸に出して家賃が入るまでの
スケジュールだったり
用意するものだったり

税金のことなどを
教えてもらいましょう。

6.不動産コンサルタントに相談する

不動産コンサルタント大友哲哉

不動産コンサルタント大友哲哉

簡単度:★★★★★(5/5)
正確性:★★★★☆(4/5)

もしも売却か賃貸かを
悩んでいるなら

私(大友哲哉)とは言いませんが
不動産コンサルタントに
相談することも検討しましょう。

売却するなら売却価格は?
賃貸するなら家賃は?
それぞれのメリット・デメリットは?

などなど
あなたに寄り添った
アドバイスが得られるでしょう。

注意点は相談料が
有料になることも。

ですが少額だったり
初回無料だったりするので

コンサルタントのサイトを
良く見るようにしましょう。

なお私の場合は
初回相談無料としています。

以上の注意点を理解して
個別相談にお申し込みください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://maroon-ex.jp/fx39077/kobetsu

ページ上部へ戻る